ニキビケア化粧品のまとめ【背中や胸にも....身体にできるニキビ】

背中や胸にも....身体にできるニキビ

ニキビができるのは、顔だけではありませんよね。
ニキビは身体にもできます。
気づいたら背中や胸にできていたり.....。

「どうしてこんなところにできるの?」
「顔と違ってケアの方法が分からない!」
こういう風に思う人はきっと多いと思います。


では、身体にできるニキビには、どう対処すればいいでしょうか。


身体の中で特にニキビができやすいのは、皮脂腺が多く、汗の出やすい、皮脂の分泌の多い場所です。
具体的には、先ほどでたように胸や背中などです。

また身体にできるニキビには、シャンプーやリンスなどが原因していることもあります。
シャンプーの中には、合成界面活性剤などを使っているものがあり、それが肌への刺激となります。
また、シャンプーがよくすすげていないこともあります。
手の届きにくい背中は、特にケアしにくい場所です。
ゆっくり時間をかけて、しっかり洗い流すようにしましょう。

背中はまた、乾燥しやすい場所なので、ボディークリームや顔に使う化粧水などで保湿をすることをお勧めします。
また、着ている服が身体に擦れる刺激が、ニキビの原因になることもあります。

特に冬場、寒さよけのために着る温かいインナーがよくないと言われています。
インナーのために、肌にかゆみが出たり、ニキビができる人が続出しています。
インナーの材質であるポリエステルやレーヨンなどの化学繊維は、肌に刺激を与えます。
また、発熱吸湿素材はホコリを集め、雑菌が繁殖しやすい素材です。
そのため肌が荒れ、ニキビの原因にもなりやすいのです。
たしかに最初は抗菌機能があるものの、何度も使用して洗っているうちに、その効力は落ちてしまいます。

またこれらの素材は水分を奪って、肌を乾燥させることも、ニキビの原因とされています。
冬のインナーは化学繊維をさけて、綿、シルク、カシミヤなどの天然繊維で、通気性のよいものを着用するように心がけましょう。


背中などのほかに、お尻もニキビのできやすい場所です。
「お尻にニキビができるなんて私だけなのかな?」と恥ずかしかったり不安になるかもしれませんが、意外と悩んでいる方は多いのです。


お尻にニキビができる原因としては、
お尻も皮脂の分泌が多く、角質が厚く、汚れも詰まりやすい場所だからなのです。
下着で抑えられたリ、不潔になりがちな部分という条件も重なっているようなので、清潔に保ち、通気性のよい下着の着用などで改善しましょう。






最新の記事