ニキビケア化粧品のまとめ【繰り返しできてなかなか治らない!赤みや跡が残りやすい大人ニキビの原因ってなに?】

繰り返しできてなかなか治らない!赤みや跡が残りやすい大人ニキビの原因ってなに?

思春期のニキビと大人ニキビは全く別物で、原因も違えば症状も違います。

20代や30代の半数の人が、ニキビやニキビ跡に悩まされているといいますが、大人ニキビは跡に残りやすいので厄介です。

大人ニキビは再発しやすく、シミになったり酷い時にはクレーターになってしまいます。

大人ニキビで悩まないために大人ニキビをつくらない予防が肝心です。

予防をするには、まずはどうして大人ニキビができるのを知って原因となるものを避けなければなりません。

大人ニキビの原因は、食生活他生活習慣によるものが多く、生活習慣の乱れはホルモンのバランスの乱れを招き、そして大人ニキビをつくってしまいます。

その他には「過剰な喫煙」や「飲酒」「紫外線」も大人ニキビの原因となります。

また「シャンプーや洗顔料のすすぎ残し」も大人ニキビの原因になりますから、シャンプーも洗顔も正しいケアが必要です。

また、再発したりニキビ跡が残りがちなのが大人ニキビの特徴ですが、思春期のニキビの頃よりも代謝が衰えているのが原因です。

代謝を上げるには、規則的な生活習慣と、冷たいものを摂りすぎて体を冷やさないこと、疲れを溜めないことや適度な運動、十分な睡眠があげられます。

成人病を防いだり健康を保つ生活習慣には「バランスの良い食事」「適度な運動」「規則的な死活習慣」があげられていますが、これらはみな大人ニキビの予防にも通じています。

健康のためにも美容のためにも健康に良い生活習慣を心がけて実行することをおススメします。






最新の記事