ニキビケア化粧品のまとめ【紫外線には年間を通して気を付けよう!】

紫外線には年間を通して気を付けよう!

紫外線は夏、というイメージがあるかもしれませんが、どんな季節でも私たちの肌にダメージを与えています。

日焼けは、昔より紫外線の量が増えていることもありシミなどの色素沈着、がんの原因にもなるといわれていますが、ニキビの原因でもあります。
適度な強さであれば殺菌効果があり、皮膚科でも治療に使っているところもあるくらいですが、やはり日常の中で紫外線を浴び続けていると肌へのダメージは免れません。
ニキビは活性酸素の影響も受けて発生します。
毛穴の中から出てくる皮脂や、古い角質がふさがれ、詰まってニキビになるのですが、内側にできた活性酸素と外的要因でできた活性酸素、両方の影響でひどくなります。
ニキビを引き起こす菌は、紫外線で増殖する上に毒素も発生させるため、ニキビをひどくするのです。
なので、紫外線はブロックするようにしましょう。

ニキビ肌には適切な日焼け対策が必要です。
ただし、油分の多い日焼け止めを選んでしまうと、逆に毛穴を詰まらせるもとになってしまいます。
油分が多いものはSPF値が高い日焼け止めに多いので、SPF値は15~20、できればオイルフリーのもののほうがニキビ対策としてはお勧めです。

また、お肌が弱いと感じる方は紫外線吸収剤にもダメージを受けがちかもしれません。
これが入っていないものも売られていますので、選んでみてもいいかもしれませんね。
ニキビをなるべくカバーしたいのであれば、日焼け止めもニキビの部分には塗らない方がいいでしょう。
適切な日焼け止めで、あなたの大切なお肌とニキビ、両方をカバーしてくださいね。

それから、夏ももちろん紫外線が強いですが、冬のスキー場もとても紫外線が強い場所です。
意外ですが、夏の海水浴場と同じレベルの強さなのです。

ぜひ、年間を通して紫外線対策をされることをおすすめします。






最新の記事