ニキビケア化粧品のまとめ【大人ニキビと思春期ニキビは全く違う!正しく理解して自分に合った対策法を!】

大人ニキビと思春期ニキビは全く違う!正しく理解して自分に合った対策法を!

大人ニキビと思春期ニキビは一見違いが無いようにも思いますが、しかし、その2つは原因も違いますし、できる場所も違いがあります。

従ってニキビ対策にもその違いを知って対策を立てる必要があります。

思春期ニキビができる年代は20歳までを言います。

成長ホルモンの生成量と思春期ニキビは関係があり、思春期ニキビは成長ホルモンとテストステロンの生成が盛んになることで皮脂の量が多くなり、そのためニキビができるとされています。

テストテトロンの分泌量は20代になっても変化しませんが、成長ホルモンは15~6歳ごろから分泌量が減ってきて20歳前には一番多かったときの半分にまで下がります。

このように、思春期ニキビはホルモンの過剰な生成による毛穴の詰まりが原因となり、できる年代が20歳までというのには根拠があるのです。

それに対して大人ニキビは、古い角質や過剰な皮脂の生成により毛穴を詰まらせてしまうことが原因とされています。

皮脂の生成量が増えてしまう原因は、28日が周期とされるお肌のターンオーバーの乱れが原因とされています。

ターンオーバーの乱れは、睡眠不足やストレス、バランスの悪い食生活やメイク他間違ってスキンケアなどで肌を刺激してしまうことや、生活習慣の乱れや紫外線も関係しています。

そして、ニキビができる部位も大人ニキビの場合は、Uゾーンと言われる頬から顎のラインにかけてのフェイスラインを中心にできやすく、思春期ニキビはおでこや鼻、頬などの顔の上半分にできることが多いです。

このように、大人ニキビと思春期ニキビは様々な違いがありますから、大人ニキビには大人ニキビの対策が必要です。






最新の記事