ニキビケア化粧品のまとめ【大人ニキビと思春期ニキビそれぞれの原因とケア方法】

大人ニキビと思春期ニキビそれぞれの原因とケア方法

ニキビには、「大人ニキビ」と「思春期ニキビ」という2つのタイプがあります。

20代前半くらいまでが「思春期ニキビ」と思われる方が多いでしょうが、「大人ニキビ」も「思春期ニキビ」も年齢に関係なくできるものなのです。
しっかりケアしているのにニキビが治らない...という方は自分のタイプに合ったケアをしていないためかもしれませんよ。
それぞれのタイプに合ったケアの仕方がありますので、間違ったスキンケアでニキビを悪化させないために、自分のニキビのタイプを確認しましょう。


思春期ニキビ

皮脂の過剰な分泌が原因です。
思春期には身体を成長させるため、成長ホルモンが皮脂腺を刺激して、皮脂の分泌が過剰になります。
したがってこのニキビは、皮脂が多く出る鼻やおでこなどのTゾーンによくできます。

大人ニキビ

ホルモンのアンバランス、ストレス、食生活、睡眠不足、化粧などが原因で、ターンオーバーの乱れを引き起こし、古い角質が溜まり、毛穴が詰まっておきます。
顎、フェイスライン、頬などのUゾーンにできがちです。
また、肌の潤い不足で乾燥してして、バリア機能が低下するとできやすくなります。
「大人ニキビ」用の化粧品は、たくさんの種類が発売されているので自分の肌にあった商品を見つけてくださいね。






最新の記事