ニキビケア化粧品のまとめ【ニキビの基礎知識】

ニキビの基礎知識

ニキビに悩まされている方は、ニキビを治す方法を調べますが、ニキビのできる原因はあまりご存じないようです。
ニキビを治すことはもちろん重要ですが、原因を知ることでニキビを早く治す近道が見えるかもしれませんよ。
では一緒に原因を考えていきましょう。

ニキビは、毛穴に皮脂や汚れや角質が詰まってできるものです。
しかし、だからと言って、頻繁に顔を洗えばいいというものでもありません。
顔の脂が気になって、顔を洗いすぎると、それが今度はかえって乾燥肌の原因になってしまいます。
乾燥肌は、毛穴詰まりや余計な皮脂の分泌を促します。するとかえってニキビができやすくなってしまうのです。

皮脂はもともと、乾燥した肌を補うために分泌されるものですが、赤ニキビの原因でもあるアクネ菌は、この皮脂が大好きなのです。
アクネ菌自体も本来は肌を弱酸性に保って、他の病原菌を寄せ付けず、肌の乾燥を防ぐという好ましい働きをするものです。
しかし、ニキビを促進するという点では歓迎できませんよね。

次に角質ですが、これを落とそうと洗顔でごしごし擦ると、これもまた逆効果になってしまいます。
新しい角質が生まれて、古い角質が落ちていくという肌の新陳代謝(ターンオーバー)には、自然な周期というものがあるのです。

古い角質がなかなか落ちないような遅い周期もよくありませんが、肌をごしごし擦って、新しい角質ができる前に次、というような速い周期を作り出すこともよくありません。
正常な周期が守られなければなりません。

正常な周期を守るためには、ホルモンのバランスを崩さない生活をすることです。
なぜなら、このホルモンのバランスの乱れが、皮脂の過剰な分泌やターンオーバーの乱れの大きな原因だからです。
ホルモンのアンバランスは、睡眠不足や不健康な生活、ストレスによって引き起こされます。
ですから、まず内側からのケアとして、生活習慣を改善することが必要です。

それと同時に、顔を洗いすぎて皮脂を取り過ぎないこと、肌に充分な水分を与えて保湿すること、過剰な刺激を与えないようにするなどの、外側からのケアにも心がけるとよいでしょう。






最新の記事