ニキビケア化粧品のまとめ【ニキビの種類と原因】

ニキビの種類と原因

ニキビができると「ニキビ」というものを認識するだけなので、種類などあまり考えないですよね。
しかし、ニキビには発展段階によって違った状態があり、対処法も異なるのです。

それらは「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」「黄ニキビ」などです。
「白ニキビ」から「黒ニキビ」、「赤ニキビ」、「黄ニキビ」 へと進展していき、その順に症状がより重くなっていきます。


  1. 白ニキビは、ニキビの初期段階です。
  2. 毛穴の中に皮脂が溜まった状態で、医学ではこれを「面皰(めんぽう)」と呼んでいます。
    これは、過剰な皮脂の分泌や、ターンオーバー機能の低下などで、皮脂が毛穴に詰まってしまうことによって起こった症状です。
    この詰まった皮脂を大好物とするアクネ菌が異常に繁殖すると、炎症を起こしたり、さらには化膿してしまうこともあります。
    「白ニキビ」は症状の一番軽いニキビですので、この段階のうちに治療を心がけましょう。

  3. 黒ニキビは、皮脂が酸化して黒くなったものをそう呼びます。
  4. ニキビの第2段階です。
    黒ニキビは、毛穴が詰まった皮脂が表面に押し出されてできます。
    鼻パックで鼻から黒ずみを除去することがありますが、あの黒ずみが「黒ニキビ」です。
    黒く変色したのは、皮脂が肌の表面に押し出されて酸化するからです。
    医学的には、この状態も「面皰」と呼ばれています。

  5. 赤ニキビは、毛穴に詰まった皮脂を栄養源に、アクネ菌が繁殖して炎症を起こしたものです。
  6. 医学的には「丘疹(きゅうしん)」と呼ばれ、赤く腫れあがって、痛みも伴います。
    また、一度治まっても再び同じ箇所にニキビができがちで跡が残りやすいので注意が必要です。

  7. 黄ニキビは、さらに症状が進んで、膿をもってしまったものです。
  8. 医学的には「膿疱(のうほう)」と言い、激しい痛みをもちます。
    黄ブドウ球菌も繁殖し、早く治療しないと、さらに悪化するので、皮膚科の医師の診察が必要です。
    この段階まで発展してしまうと、クレーターのような跡が残ってしまいますから、そうならないためにも、ニキビのケアは早めにすること、自分の状態に合ったケアをすることが肝心です。






    最新の記事