ニキビケア化粧品のまとめ【ニキビにはホルモンバランスも関わっている?】

ニキビにはホルモンバランスも関わっている?

ニキビができる原因としてストレスや生活習慣はよく聞くと思います。

実は、男性ホルモン・女性ホルモンのバランスはニキビにもかかわっているんです。
皮脂が過剰に生産されることは、主に男性ホルモンの働きによるものです。
たとえ女性でも、男性ホルモンは体の中で生産されているのです。

男性ホルモンが過剰になるとホルモンもバランスが崩れます。
バランスが崩れれば、不調が起こります。
また、皮脂が多くなりニキビにつながります。

そもそも男性ホルモンってどんなものなのでしょうか。
テストステロンであれば男性・女性とも生殖器官から(女性の分泌量は男性の10分の1程度)、アンドロゲンであれば副腎皮質から分泌されます。
アンドロゲンは思春期に多く分泌され、変声・筋肉増強を促す働きもありますが皮脂の分泌を促す効果もあります。

だから思春期はニキビが出やすいのです。
このアンドロゲンの量が多いために一般的には男性の方が皮脂分泌が旺盛でニキビが出やすいのです。

男性ホルモンはまた、沢山出ているときは角質が厚くなり毛穴を狭くしてしまいます。
そして皮脂腺も刺激されるので毛穴がふさがってしまうのです。
こうしたことでニキビが発生・悪化するのです。


では、男性ホルモンの分泌が増えるのはなぜなのでしょうか。
先ほどストレスがニキビの原因になると言ったように、ストレスのある時は抗ストレスホルモンのコルチゾールが出て、男性ホルモンの分泌をうながします。
コルチゾールの性質は、過度の緊張、不眠、疲労が続くと副交感神経と自律神経がバランスを崩してしまい、副腎皮質ホルモンが多量に出て男性ホルモンが多く分泌されるという経路もありますが、こうしたときはコルチゾールも出てきます。
睡眠中に活性化し、体内のエネルギー代謝を促したりもしますが、男性ホルモンの分泌も促すためニキビが元気になってしまいます。

コルチゾールというこの物質自体は悪い影響を与えるだけではなく本来、ストレスに耐える体、メンタル的な状態を作るために必要なものでもあるのです。
量が多すぎるために、ニキビなどの不具合が起きるのです。






最新の記事