ニキビケア化粧品のまとめ【ニキビができるのはストレスも関係している!ニキビだけじゃないストレスが起こす身体のさまざまな反応】

ニキビができるのはストレスも関係している!ニキビだけじゃないストレスが起こす身体のさまざまな反応

“ストレスは美容の大敵”というのは常識で、大人ニキビの主要な原因でもあります。
しかし、ストレスをもたないようにするというのは口では簡単ですが、そういう風にするのはなかなか難しいことですよね。

ここでは、ストレスのメカニズムを知って、正しい予防法や治療方法の選択やストレスと向き合うきかっけとなれば嬉しいです。

最初に、体にストレス反応を生じさせる外的因子をストレッサーと呼びます。
心理的ストレッサー、物理的ストレッサーについて解説することにしますね。

それでは、ストレスによる身体の反応はどういったものなのでしょうか。
ストレッサーによりストレスを与えられると、普段は一定に保たれている生体のバランスが崩れます。
人間の身体はそれを戻そうとするため、ストレス反応を起こします。
多少のストレスは身体の適応力を維持するために有益と考えられ、それを快ストレスと呼びます。

しかしながら、ストレスが過剰になってしまうと、脳の間脳にある自律神経内の分泌を司る働きを持つ“視床下部”に影響が及びます。
ストレスを受けるということは生物学的には危険、不快な状態にあるため、正常な対応として身体の機能を昂進させます。
ただし、この時に脳下垂体、副腎皮質から分泌される男性ホルモンや、自律神経のうち興奮を司る交感神経が活発になることで増加するノルアドレナリンこそが、“美肌の大敵”になってしまうのです。


男性ホルモンやノルアドレナリンは皮脂の分泌を促す働きがあるため、ストレス反応が持続すると脂性肌や角栓の原因になってしまいます。
こうして詰まった毛穴に溜まった皮脂の中で悪玉アクネ菌が増殖して炎症を起こします。
これがいわゆるニキビの発症というわけです。
こういった過程でニキビができるため、過度のストレスはニキビの原因と言われているわけですね。






最新の記事