ニキビケア化粧品のまとめ【ニキビができやすい人の特徴から考えるニキビ対策】

ニキビができやすい人の特徴から考えるニキビ対策

ニキビができやすい人、そうでない人、それは十人十色です。
果たしてこの人たちの体質の差はどのようなものなのでしょうか?

そもそも、ニキビは顔の脂、すなわち皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こしている状態を指します。

したがって、「皮脂の分泌量」がニキビのできやすさに関係しているということになります。
ニキビができにくい人の肌は、肌の水分量が適切でしっとりしていて潤いがあり、その潤いをコーティングしている皮脂も、適切な量が分泌されています。

反対に、ニキビができやすい人というのは、肌の水分量に対して皮脂の分泌量が多い人です。
ニキビができにくい肌に生まれ変わるためには、皮脂の分泌量を多くしすぎないことおよび肌の水分量を多くすることがポイントと言えます。

そのためにはどうすれば良いのでしょうか。

答えは、「睡眠と栄養のバランス」です。

日常の生活において、健康といえばまず思いつくこのことが、そのままニキビの対策にも当てはまります。
ニキビができやすい人の体質とは、生まれつきのもの以外に、睡眠や食事等の生活習慣による部分が多くを占めます。
睡眠時間を短くすると、交感神経が刺激されて男性ホルモンが優位になり、皮脂の分泌を促し、結果としてニキビもできやすくなります。

また脂肪分の多いピーナッツのようなものを多く食べると、これまた皮脂の分泌量が増加します。

睡眠時間が短過ぎたり、食事の脂肪分が多すぎたり、偏りのない睡眠、栄養バランスが重要です。
ニキビのできやすさは生まれつきの体質だけではありません。
睡眠と食事のバランスを意識した改善をすることによって、ニキビができにくい肌に生まれ変わることができます。

さらに、ニキビ対策用の化粧品を併用することで、今あるニキビをすばやく治すこともできますし、新しいニキビを予防することも可能なのです。






最新の記事