ニキビケア化粧品のまとめ【クレーターは自分では治せないって本当?クレーターを治す方法とは】

クレーターは自分では治せないって本当?クレーターを治す方法とは

思春期ニキビとは違う大人ニキビです。

思春期ニキビと間違えてケアをしていたのではニキビを治せません。

そして、大人ニキビは作れば作るほどニキビ跡のリスクも高まり、色素沈着を起こしてシミになったり、クレーターまでできてします。

ニキビ跡にできる色素沈着より厄介なのがクレーターですが、クレーターとは、ニキビが治った後にできる凸凹した皮膚の状態のことを言います。

クレーターができる原因は、皮脂が毛穴に詰まりアクネ菌が原因でニキビができますが、ニキビ防ごうと抵抗する防衛機能が働いてアクネ菌と戦って膿が出ますが、アクネ菌と戦うときに異常なコラーゲンが生成され、瘢痕組織が出来ます。

ちなみに、瘢痕とは火傷のケロイドや切り傷などの傷跡であばたとも言います。

そして、傷の部分を治そうとする細胞と瘢痕組織によって皮膚が回復されますが、毛穴の形を残したままあばたのようになるか、毛穴が損傷を受けた状態であばたのようになるかでニキビ跡の形が決まります。

毛穴の形を残したままあばた化したのが毛穴が開いて見えるニキビ跡で、毛穴が大きく損傷を受けた状態であばた化して凸凹したニキビ跡がクレーターです。

クレーターを自宅で改善するにはピーリングがおススメです。

今は、刺激の少ない良いピーリング剤が販売されていて、くすみの改善効果も期待できます。

しかし、ピーリングで効果が期待できるといっても自宅で完璧に治すのはなかなか難しく、クレーターが酷いとか気になるようでしたら皮膚科かエステサロンへ行くことをおススメします。






最新の記事