ニキビケア化粧品のまとめ【にきびと吹き出物同じように見えて実は違う!それぞれの原因と対策方法!】

にきびと吹き出物同じように見えて実は違う!それぞれの原因と対策方法!

この2つ、一体何が違うんでしょうか?

じつは、もとが違うんです。

10代の思春期には様々なホルモンの分泌が盛んになります。
ホルモンの濃度が高くなるということが皮脂の分泌をうながす、これがニキビといわれています。

一方で、その時期は過ぎても、ホルモンバランスが崩れることが起こります。
まずストレス、そしてバランスの取れていない食事、睡眠が足りていないことでも、ホルモンの分泌というものはバランスが崩れるのです。
自然的なホルモンの生成以外の原因でホルモンのバランスが乱れて、皮脂が多くなりニキビと同じものが肌にできてくる、これが吹き出物なのです。
直接的な原因はどちらも、毛穴につまった皮脂をエサに細菌が増殖して、赤くなったり白くなったりして腫れたもの。
ただし自然的なホルモンの分泌でできたニキビは、年齢を重ねていくとホルモンの量が徐々に減ってくるので自然に減ってもきますし、適切なスキンケアを心がけると、大分よくなってきます。
ですが吹き出物の方は代謝が落ちてきている大人の症状なので、治りにくいんです。

痕になる人も多く、顔まわり、口元など俗にいうUゾーンによくできます。
こちらの場合は皮脂の落としすぎに注意してほしいと思います。
やはり代謝が10代の人と比べ落ちているので、皮膚の奥の、潤わせる力を失いやすいのです。

適切なスキンケア、食生活の改善。肌に必要な睡眠時間。
そして、生活の不規則さをできるだけなくすことが、改善の方法です。
これらをカバーして、ニキビや吹き出物のないつるつる肌にしていきましょう!






最新の記事